ペットと暮らしたいからお引越し!ペット可物件、ペット共生物件のことを知っておきたい。引越しなら0003の[アーク引越センター]ちゃんとしたお引っ越し

ペットと暮らしたいからお引越し!ペット可物件、ペット共生物件のことを知っておきたい

ペットと暮らしたいからお引越し!ペット可物件、ペット共生物件のことを知っておきたいテープ

近年のペットブームは留まることを知らず、イヌやネコと暮らす家庭も増加傾向にあります。
その状況に合わせて、最近ではマンションなどでも「ペット可物件」が珍しいものではなくなりました。
そこで、今回はペットと暮らしたい人のために、最近のペット可物件事情について紹介します。

ペット可物件に引っ越したからといって、どんな動物でも飼えるわけではない

近年のペットブームの盛り上がりに応じて、ペットにする動物の種類もさまざまになっています。イヌやネコだけではなく、フェレットやヘビといったペットを飼っている人も増えましたよね。
とはいえ、ペット可の物件では通常、イヌ、ネコ、小鳥、魚を想定していますので、必ずしも自分が飼いたい動物を飼えるとは限りません。

危険な爬虫類などは、そもそも飼育する時点で、自治体の許可が必要です。そのため、引っ越しをする前に自分が飼っている動物が飼えるかどうかは事前に管理会社や大家さんに確認することが必要です。
イヌでも大型犬は危険だとして飼えなかったり、ネコは壁や柱をひっかくなどの可能性が高いので断られたりします。また、ウサギやハムスターなどケージの中で飼える動物であっても、物件によっては、ケージから逃げ出した際に壁などを食べてしまう可能性があるとして断られる場合もあります。
物件サーチサイトなどで「ペット可」と表記されている物件では、ペットを飼っていない人も住んでいるわけですから、近隣住民に迷惑をかけない動物かどうかというところも基準となってくるでしょう。

ネコと暮らせるマンションが人気上昇中

ネコと暮らせるマンションが人気上昇中テープ

今や空前のネコブームと言われ飼育数が急増中のネコ。そんなネコたちと快適に暮らせる「ネコ専用マンション」が話題です。建築数も急増中ですが、空き待ちのところも出るほどの人気ぶりです。

これまでは、ネコを飼っていると、臭いや鳴き声などで近隣トラブルになりやすかったのですが、これは、ペットを飼っていない住人から理解が得られにくいのが1つの原因です。
ネコ専用マンションにすることで、全員がネコを飼っているのでお互いさまの精神が生まれ迷惑に感じることが少なくなります。

ネコ専用マンションではメゾネットタイプでキャットステップやキャットウォークなどの高低の導線を持たせたり、ペット対応クロスや床材のリフォームなども施されたりするなど、ネコが快適に暮らせる工夫がなされているのが特徴です。
このように、ペット飼育を前提とした賃貸マンションや、ネコ可賃貸物件専門の不動産会社などもありますので、引っ越す際には、「ペット共生型」の物件を探すのも良いでしょう。

ペット共生のシェアハウスも増加中

ペット可物件の増加とともに、シェアハウスでもペット共生が可能な「コンセプト型シェアハウス」が増加中です。分譲型マンションではペット可物件が充実していますが、賃貸物件ではまだまだ供給が足りていないという状況が続いています。そこで、空き家となっている一軒家などをリノベートしてペット共生のシェアハウスとして再生する事例が増えています。

ペット共生のシェアハウスに住むメリットは、ペット好きという同じ趣味の人たちが集まってくるので、住人同士のコミュニケーションが生まれやすいということ。そして、住民同士だけでなくペット同士のコミュニケーションも生まれます。そうなると、今まで旅行や出張の際にペットホテルなどを利用していたのが、お互い持ちつ持たれつの関係で預かってくれるようになるなど、ハウス全体でペットと共生する空間が生まれます。

引っ越す前に知っておきたい!ペット可物件でのマナー&ルール

引っ越す前に知っておきたい!ペット可物件でのマナー&ルールテープ

ペット好きには憧れのペット可マンションへの引っ越しですが、ペットを飼うにあたってさまざまなマナーやルールがあります。
ここでは主なものを紹介しますので、引っ越し前までに頭に入れておきましょう。

●ペットへのしつけやトレーニングはマスト
ペット可物件では、ペットが嫌いな人も住んでいる場合があります。そうした人に配慮するためには、ペットのしつけは欠かせません。不在時や深夜・早朝に大声で鳴く場合はトラブルになりやすくなります。また、共有スペースで排泄等をしないようトレーニングすることなども大切です。

●足音対策にカーペットやマットを敷く
騒音問題は集合住宅における一番のトラブルと言われています。とはいえ、ペットはそう簡単に静かに歩いたりはできませんので、やはりカーペットやマットを敷くことは基本となるでしょう。

●窓際にペットのトイレを置かない
異臭トラブルもまた数多い近隣トラブルの1つです。トイレを窓際におくのはやはりマナー違反となるでしょう。

●エレベーターではペットを抱っこする
かわいい子犬や子猫であっても、イヌやネコが怖いという人もいます。それを見越して、閉鎖空間であるエレベーターではペットを抱っこしてあげるのがマナーです。

●小動物の場合はケージの管理を
うさぎやフェレットなどの小動物は時に指を噛んだりする場合があります。小動物であっても人に怪我をさせた場合は飼い主の責任となるので、出かける前にはケージに入れるなど逃げ出さないように注意しましょう。

ペットの飼育は責任感が大事!それも考えて快適な住まいに引っ越そう

ペットは、ともすれば何年もずっと続く人生のパートナーです。安易な気持ちでペットを飼って手放さなければいけない事態にならないよう責任を持って飼いましょう。
ペットとずっと暮らせるよう、自分にとってもペットにとっても快適な住まいを探すことが大切です。

今すぐお見積りをしたい方へ
お見積り依頼フォーム

2013年7月

翌月以降のカレンダーはこちら

引っ越しお得日カレンダー
10%off 20%off 30%off

0003の[アーク引越センター]

  • 私たちのサービス
  • 引越しプラン
  • オプションサービス
  • 引越しの流れ
  • 引越しQ&A
  • お客様の声
  • 引越しお役立ちガイド
  • 引越しお見積りはこちら
    お電話でのお見積り
    お引越し受付フリーダイヤル 0120-07-0003 営業時間:8:00~22:00
    メールでのお見積り
    お見積り依頼フォーム
  • お電話 営業時間:8:00 ~ 22:00
  • お問い合わせ