シェアハウスとどう違う!?引越し先の新しい選択「ソーシャルアパートメント」。引越しなら0003の[アーク引越センター]ちゃんとしたお引っ越し

シェアハウスとどう違う!?引越し先の新しい選択「ソーシャルアパートメント」

シェアハウスとどう違う!?引越し先の新しい選択「ソーシャルアパートメント」テープ

ライフスタイルが多様化している現代では、一人暮らしのほかに、リアリティ番組「テラスハウス」のようなシェアハウスが若者の間で人気となりました。最近では「シェアハウス」の進化系ともいえるプライベート感の高い「ソーシャルアパートメント」(グローバルエージェンツが運営・企画)の人気が高まりつつあります。
今回は最近話題の「ソーシャルアパートメント」について、紹介します。

まずは今や定番の「シェアハウス」について知っておこう

まずは今や定番の「シェアハウス」について知っておこうテープ

シェアハウスは、基本的に1つの住居(一軒家など)を複数人で暮らすことです。シェアハウスは、もともと欧米の文化で、お金に余裕のない学生や若者たちにとって共同で住むスタイルが一般的だったため、日本にも入ってきました。

キッチンやリビング、トイレ、お風呂などは共有しつつ、自分専用の個室で寝起きします。シェアハウスには事業者が斡旋してくれるタイプと友人同士などで借り上げるタイプがあります。
シェアハウスに住むメリットはなんと言っても、通常の賃貸よりも安く、大きな物件に住めることです。敷金・礼金といった初期費用も必要ない物件が多く、一軒家やマンションでも3LDなどの大きな間取りが普及しています。もともとはファミリー向けの物件だったりするので、お風呂が大きかったりカウンターキッチンでオシャレだったり、リビングが広かったりと、たとえ共有であっても快適な部分が多いことがメリットです。

また、一人暮らしという感覚がなくなるので、家に帰ってきたらひとりぼっちという寂しさもなくなり、同居人たちと自然にコミュニケーションも生まれるので楽しいです。
ただし、その分、一人の時間が減り、入居者と必ずしも馬が合うとは限らないので、落ち着けないと感じることもあるでしょう。また、トイレやバスルームなども自分が使いたい時に使えないといったストレスを感じることもあるかもしれません。
このようにシェアハウスにはメリットもデメリットもあるわけですが、新しい賃貸のスタイルとして、今や多くの人が利用するようになりました。

シェアハウスのデメリットを補完するように生まれた「ソーシャルアパートメント」

シェアハウスはみんなでわいわいと楽しく暮らせそうですが、やはりプライバシーや一人の時間がもっと欲しいという人にとっては、シェアハウスのスタイルだとちょっと物足りなく感じますよね。そんなシェアハウスのデメリットを補完するような形で登場してきたのが「ソーシャルアパートメント」です。
ソーシャルアパートメントとは、プライベートな空間を保てる「一人暮らし部屋」をベースに作られ、それに加えシェアハウスのように同居人たちとの交流の場となる、「ラウンジなどの共用スペース」もあるコンセプト・アパートメントのことです。

現在は東京、大阪、札幌、神戸などの主要都市に存在し、シェアハウスに比べるとまだ物件数は少ないですが、プライベート感をしっかりと守られているというコンセプトがウケて、最近話題となっています。

ソーシャルアパートメント情報サイト「SOCIAL APARTMENT」
https://www.social-apartment.com/

ソーシャルアパートメントはこんなところがいい!

ソーシャルアパートメントはこんなところがいい!テープ

ソーシャルアパートメントはこれまでのシェアハウスにはなかった以下のような特徴があります。

●専用サイトで入居者のプロフィールがわかる
ソーシャルアパートメントでは専用サイトから入居者のプロフィールを確認することができます。これはシェアハウスばかりか通常の賃貸でも確認できなかった「隣人はどんな人?」という不安を軽減できる集合住宅だと言えます。また、入居者全員やフロア別、趣味別などさまざまなカテゴリーのグループLINEが用意されており、自由参加できます。このあたりが「ソーシャル」と呼ばれる所以です。

●一人の時間を確保できる
ソーシャルアパートメントでは、玄関からラウンジを通ることなく自分の部屋に直行できる造りとなっています。そのため、「今日はあまり誰とも話したくないな」など、一人の時間を邪魔されたくない時も気を遣わずにすみます。

●トイレやキッチンなどは複数用意
シェアハウスのデメリットは、もともと一世帯用の物件をシェアしているケースが多いためトイレやバスルームなどが1つということもしばしば。一方、ソーシャルアパートメントは、キッチンが4つ、バス・トイレが5つなど複数設けられており、使いたい時に使えないケースというのがほとんどありません。また、ラウンジなど共有スペースには監視カメラを設置することで、個人間のトラブルも少なくなります。

●交流は「適度に」をモットーに似た価値観の人が居住
ソーシャルアパートメントは、基本的に自社サイトで集客しています。その後、内覧をする際には「人物審査」を行います。これは、ソーシャルアパートメントが個人空間を大切にし、交流は適度にという価値観を持った人向けというコンセプトを維持するためです。そのため、交流する気が全くない人や出会い目的といった人を上手に排除して、似た価値観の人が快適に住めるように努めています。

SNSでのゆるいつながりを実生活に

ソーシャルアパートメントは「SNS時代」のゆるい人間関係の心地よさを実生活でも体験できる新しいコンセプトのアパートメントだと言えます。仕事が忙しく仕事以外では一人の時間が多いけど、あまり深い人間関係は苦手という人にとって「心地よい共同体」となりそうです。

今すぐお見積りをしたい方へ
お見積り依頼フォーム

2013年7月

翌月以降のカレンダーはこちら

引っ越しお得日カレンダー
10%off 20%off 30%off

0003の[アーク引越センター]

  • 私たちのサービス
  • 引越しプラン
  • オプションサービス
  • 引越しの流れ
  • 引越しQ&A
  • お客様の声
  • 引越しお役立ちガイド
  • 引越しお見積りはこちら
    お電話でのお見積り
    お引越し受付フリーダイヤル 0120-07-0003 営業時間:8:00~22:00
    メールでのお見積り
    お見積り依頼フォーム
  • お電話 営業時間:8:00 ~ 22:00
  • お問い合わせ