フリーレントに敷金ゼロ?引越し時の初期費用を抑える方法とは?引越しなら0003の[アーク引越センター]ちゃんとしたお引っ越し

フリーレントに敷金ゼロ?引越し時の初期費用を抑える方法とは?

フリーレントに敷金ゼロ?引越し時の初期費用を抑える方法とは?テープ

引っ越しが決まったら、気になるのが初期費用ですよね。引越しする時に必要なのは引越し代と家賃だけではなく、敷金や礼金などいろいろと費用がかかってきます。実は工夫すれば、初期費用を抑えられる方法がいろいろあるのをご存知でしょうか?今回はそんな引っ越しの初期費用を抑えるコツについて紹介します。

家賃が無料になる?フリーレントとは

家賃が無料になる?フリーレントとはテープ

最近、増え始めてきた「フリーレント」とは、一定期間に限って家賃が無料になるというお得な賃貸物件です。一般的に賃貸物件では、敷金、礼金、仲介手数料など家賃とは別に家賃の3~6ヶ月分が初期費用としてかかる場合があります。これはけっこう痛い出費ですよね。もちろん不動産仲介業者によって敷金や礼金などの金額は変わってきますが、入居時には引越し代などいろいろお金が必要です。
そのため、フリーレント物件というのはかなり助かります。ではなぜ、家賃を無料にできるのでしょうか?ひょっとして特別な理由がある物件なのではと思う人もいるかもしれませんが、そうではありません。

大家さんとしてはなるべく空室の期間を避けたいわけですが、その部屋だけの家賃を下げるというわけにはいきません。一度、家賃を下げてしまうと、今度は家賃を上げにくくなってしまいます。そこで、家賃を一定期間無料にすることで、全体の家賃を下げることなく、空室が続いている部屋を借りやすくすることができます。

ただし、フリーレントの場合には借りる際に条件があります。例えば、フリーレントを借りてすぐに退居し、また次のフリーレント物件に引っ越すといったことを防ぐため、一定期間の入居が規約となっている場合や、期間内に退去する場合には違約金が発生する場合があります。そのためフリーレントの物件を借りる際は、契約書をよく読んでから契約する必要があるでしょう。

敷金0、礼金0の物件を探してみる

敷金0、礼金0の物件を探してみるテープ

賃貸物件を借りる時に必ずついて回るのが「敷金・礼金」。
敷金とは関西では保証金とも呼ばれ、家賃の滞納や退去時の修繕費用などに充てられる費用です。問題がなければ返金される敷金に対し、礼金は大家さんへの謝礼として渡す慣習的な費用なので、返金されません。首都圏では「敷金=家賃2ヶ月分、礼金=家賃1~2ヶ月」というのが一般的とされていますが、地域や物件によってさまざまで、概ね家賃の1~3ヶ月分が必要となる場合が多いようです。

さて、そんな敷金・礼金は引越時の初期費用の多くを占める費用です。そのため、敷金・礼金0円という、いわゆる「ゼロゼロ物件」が最近は増えてきており、人気となっています。もちろん、「ゼロゼロ物件」は、なかなか見つけにくいですが、最近では、礼金0円という物件がかなり増えてきたので、注目しても良いでしょう。ただし、保証金として扱われる敷金が0円という場合には、ちょっとしたからくりがあるようで、例えば、退去時のクリーニング費用や修繕費用が全額自己負担となっているケースや、家賃に上乗せされていて、地域相場よりも家賃が高い場合もあります。また、人気がない物件のため敷金を0にしている場合もあるようです。
「ゼロゼロ物件」はかなり初期費用を抑えることができますが、契約時にはくれぐれも条件などについて確認するようにしましょう。

日割り家賃と前家賃を交渉できる場合も

日割り家賃と前家賃を交渉できる場合もテープ

入居日が月初めであればややこしくはないのですが、例えば、6月20日に契約をし、入居が6月28日になるとします。その場合、家賃は毎月翌月分の家賃を支払うわけですから、7月分の前家賃と6月28日~6月30日までの日割り家賃を支払うことになります。なんか損した気分になりますが、初期費用としては仕方のないことです。しかし、場合によっては、この日割り家賃で発生した賃料を後ろに倒すように交渉すれば安くすることができます。また、入居予定日が月末に近いのであれば、上手に日程をずらして翌月1日に入居日を設定するようにすれば、日割り家賃は発生しないわけですから、自身で調整できないか考えてみましょう。

初期費用をクレジットカードの分割払いにする

初期費用をクレジットカードの分割払いにするテープ

初期費用は一括で大きな金額を支払わないといけないのが難点ですよね。現在は、クレジットカードで家賃を支払える物件もありますので、初期費用をクレジットカードの分割払いにすれば初期の出費をひとまず抑えることはできます。また、家賃などをクレジットカードで支払うことができれば、毎月大きなポイント加算が見込まれるので、今後、別のところでお得な特典を受けられる可能性があります。

まとめ

いかがでしたか? いろいろ初期費用を計算していくと、やはり数十万円単位の予算が必要となるので大変ですが、いろいろ工夫をしていけばかなり初期費用を安く収めることができることを分かっていただけたかと思います。うまくコツを掴んで、賢い引っ越しを目指しましょう。

今すぐお見積りをしたい方へ
お見積り依頼フォーム

2013年7月

翌月以降のカレンダーはこちら

引っ越しお得日カレンダー
10%off 20%off 30%off

0003の[アーク引越センター]

  • 私たちのサービス
  • 引越しプラン
  • オプションサービス
  • 引越しの流れ
  • 引越しQ&A
  • お客様の声
  • 引越しお役立ちガイド
  • 引越しお見積りはこちら
    お電話でのお見積り
    お引越し受付フリーダイヤル 0120-07-0003 営業時間:8:00~22:00
    メールでのお見積り
    お見積り依頼フォーム
  • お電話 営業時間:8:00 ~ 22:00
  • お問い合わせ