出産を機に新居を見つけてお引越し。新居選びで気をつけたいこと。引越しなら0003の[アーク引越センター]ちゃんとしたお引っ越し

出産を機に新居を見つけてお引越し。新居選びで気をつけたいこと

出産を機に新居を見つけてお引越し。新居選びで気をつけたいことテープ

念願の赤ちゃんができたら、ご家族は幸せの絶頂でしょう。家族が増えたことで、今住んでいる部屋も手狭になってきたと感じ、そろそろ引っ越し時かなと思う人も多いはず。
とはいえ、子どもの環境を整えるために引っ越すとなると、いろいろと考えることが多いですよね?
そこで、今回は、もうすぐ子どもが産まれる方、または、赤ちゃんが生まれてもう少し広い部屋への引っ越しを計画している方に向けて、子育て目線での新居探しのポイントについて紹介します。

子どもの成長を見据えたエリア選びが最重要ポイント

子どもの成長を見据えたエリア選びが最重要ポイントテープ

子育て世代が新居を探す上で大切なポイントは人によってさまざまです。
例えば、家賃や分譲価格などを最も大切にする人もいるでしょうし、間取りやアクセスの良さをポイントにする人もいるでしょう。しかし、ここで注目して欲しいのは「エリア」です。

特に、初めての子どもの場合、住むエリアを重点的に考えるのは非常に大切だと言えます。なぜなら、初めての子育てはお母さんには不安やストレスが多く、家で過ごす時間が長くなるため、「住環境」というのがとても重要になるからです。

また、子どもの成長は早く、パパもママも子育てに追われているうちに、気づいたら保育園や幼稚園の入園準備、小学校入学というところまで慌ただしく年月が過ぎていきます。子どもの教育はもとより、同世代のお友達と遊べる環境があるか、習い事に通いやすいかなど、数年先のことも見据えておくことが重要です。

保育園や幼稚園、小学校などは通いやすいところにあるか、病院はベビーカーを押していけるような距離にあるか、同世代の子ども、または同世代のママ、パパが住んでいるかどうかなど、どこに重点を置くべきか、引越し前に夫婦でじっくり話し合いたいところです。

エリアが決まったら、新居の周辺環境にも目を向けよう!

引越し先のエリアが決まったら、次はもう少し範囲を狭めて、新居の周辺環境についてチェックしましょう。
例えば、近隣住民について。近くに同世代の子どもがいるといないとでは、ご近所とのお付き合いや普段の生活の安心感も変わってきます。特に昼間の時間帯は、ママさんが一人で子育てをしているケースが多く、孤独感や子育てによるストレスに疲れることもあります。そんな時、「ファミリー向けのマンション」に引っ越しておけば、ママ友もできやすくなるほか、子ども同士が一緒に遊べたりすることも可能です。

また、周辺環境で気になるのが「公園」。公園は子どもが安心して遊べる場所であり、ママ友を作る交流の場でもあるので、小さな子どもがいる親にとっては重要な場所。
引越し先の内見の日には、晴れた昼間に近所の公園を訪れてみると良いでしょう。子どもが楽しそうに遊んでいるなら、近くに同世代の親や子どもが多いと考えられます。
同時に公園や新居近くの交通量、夜間帯の通りの明るさや雰囲気なども調べておきたいところですね。

マンションの場合は「防音性」と「防犯性」を重視する

マンションの場合は「防音性」と「防犯性」を重視するテープ

エリアや周辺環境の良いところが見つかったら、今度は物件にも目を向けてみましょう。引越し先としてマンションに住むことを考えている場合には、ポイントは2つ。
「防音性」と「防犯性」です。

防音については、赤ちゃんが夜泣きをするのが普通ですから、防音効果の高いマンションに住むのが良いでしょう。元気が良い赤ちゃんの泣き声は親にとってはうれしいことですが、隣人にとっては騒音ととらえられてしまう場合もあります。赤ちゃんの泣き声に寛容な隣人であれば良いですが、やはり防音対策のできたマンションがオススメです。最近は「子育てしやすいマンション」として売り出している物件もあるので、賃貸、分譲にかかわらず、ファミリー向けのマンションを探してみましょう。

また、「防犯性」も非常に重要です。オートロックといった基本的な防犯対策はもちろんですが、二重三重のセキュリティがあるマンションを選びたいところ。マンション内に防犯カメラが複数設置されていれば、それだけでも防犯性が高まるのでチェックしておきたいですね。低層階に住む場合には、室内の出入口や窓もチェック。防犯ガラスが使われているか、インターホンはカメラ付きか、防犯センサーは設置されているかなどについても検討してみましょう。

間取りのポイントは、リビングダイニングと収納

子育て世代が選ぶ室内のポイントとしては、「リビングダイニング」と「収納」です。
リビングダイニングは、子どもが一番多くの時間を過ごす場所であり、親子のコミュニケーションの場所でもあります。ダイニングはキッチンのすぐ近くなので、晩御飯を作っている時に、子どもの様子がよく分かる対面キッチンだと、なお良しですね。また、乳幼児は食べ物や飲み物をこぼしたりしてしまうことが多いので、こぼしてもサッと拭き取れるフローリングがオススメです。

収納は子どもが生まれると、おむつやおもちゃなど赤ちゃん用品がとにかく増えます。一般的に収納は専有面積の10%程度がベストとされていますが、赤ちゃんがいる家庭は、もう少し多めの15%程度がベストと言われています。

多くの人がベビーカーを玄関に置きますが、靴箱などの収納で玄関のスペースを取られてしまうと、ベビーカーを置きにくくなるので玄関も要チェックです。なお、廊下などの共有スペースにベビーカーを置くことはできないので引越し先をマンションにしようと思っている方は注意しましょう。

子育て世代の新居探しの参考になりましたか?

出産を機に引っ越す場合には、「赤ちゃん」にとっての環境を最優先するのは一般的です。しかし子育てしやすいエリアや住環境のチェック、子育て世代が安心して暮らせる物件のスペックなど、目先のことだけじゃなく、数年先のライフスタイルも予想して新居を選ぶことが大切です。

今すぐお見積りをしたい方へ
お見積り依頼フォーム

2013年7月

翌月以降のカレンダーはこちら

引っ越しお得日カレンダー
10%off 20%off 30%off

0003の[アーク引越センター]

  • 私たちのサービス
  • 引越しプラン
  • オプションサービス
  • 引越しの流れ
  • 引越しQ&A
  • お客様の声
  • 引越しお役立ちガイド
  • 引越しお見積りはこちら
    お電話でのお見積り
    お引越し受付フリーダイヤル 0120-07-0003 営業時間:8:00~20:30
    メールでのお見積り
    お見積り依頼フォーム
  • お電話 営業時間:8:00 ~ 20:30
  • お問い合わせ