犬や猫たちだって不安。愛犬・愛猫をストレスなく引越しさせる方法 引越しなら0003の[アーク引越センター]ちゃんとしたお引っ越し

愛犬・愛猫をストレスなく引越しさせる方法 犬や猫たちだって不安。
愛犬・愛猫をストレスなく引越しさせる方法

犬や猫たちだって不安。愛犬・愛猫をストレスなく引越しさせる方法

引っ越しは人だけではなく、ペットにとってもストレスがかかるものです。これまでの日常がガラリと変わり、全く知らない土地に行くのですから当然ですよね。そこで今回はペットの中でも特に引っ越しでストレスを感じやすいとされる犬と猫の引越しについて、どうすればストレスを軽減できるかについて考えてみます。

テープ 犬や猫たちだって不安。愛犬・愛猫をストレスなく引越しさせる方法

犬や猫は引越しでどのようなストレスを感じるのか

犬や猫は引越しでどのようなストレスを感じるのか

引っ越しによる環境の変化についていけずに、ペットもストレスを抱えてしまうことがあります。ストレスを受けたペットたちは目に見えて普段と行動が変わったりします。具体的には以下のような兆候が見られます。

・食欲の減退
・トイレなどでの粗相
・家の中でも落ち着きがない
・吠えたり甘えたりする頻度があがる
・体調の悪化(下痢をするなど)

テープ 犬や猫は引越しでどのようなストレスを感じるのか

これらは環境が激変してしまうことから起こるストレスが原因です。人間は引っ越す前に心構えができますが、ペットにはできません。ある日突然、住んでいた環境が変わってしまい、戸惑いを感じます。こうした事態を避けるには、引越し準備の段階からストレスをなるべくかけないように工夫することが必要です。

犬・猫のための引越し前の準備とは

ペットのストレスを軽減させるには、遠出やキャリーケース(クレート)に慣れさせるということが有効な手段として挙げられます。

普段キャリーケースを使っていないのであれば、いつものお出かけでもキャリーケースに入れて慣れさせる、遠距離の移動(ペットとの旅行)などをおこなうなどしていると良いでしょう。

また、引越しの際にペットホテルに預けるという人も多いかと思います。ペットホテルも慣れていなければ、ペットにとってはストレスになりますので、普段からペットホテルの宿泊に慣れさせるというのもベターです。
時間に余裕があるなら、引越し先の土地に連れて行ったりして、なるべく環境が急激に変化していないように感じさせることで、ペットのストレスは軽減できるでしょう。

犬・猫の移送手段

犬・猫の移送手段

犬や猫を引越し先まで運ぶには3つの方法があります。1つ目は自家用車またはレンタカーで運ぶ、2つ目は公共交通機関を利用する、3つ目は業者に依頼する方法です。いずれも簡単だと思うかもしれませんが注意すべき点もあるので、引越し前に確認しておきましょう。

テープ 犬・猫の移送手段

●自家用車で運ぶ
何よりも犬や猫は飼い主と一緒にいられることが一番安心できるので、自家用車やレンタカーの利用は、一番のストレス軽減となるでしょう。しかし、車で一緒にドライブしながら引越しというのは一見良さそうですが、実際のところ長距離の移動には適しません。なぜなら、安全のことを考えれば、車で移動する場合であっても、クレートやキャリーケースに入れることが推奨されているからです。クレートなどに入れずにドライブする人もいますが、急ブレーキやカーブ、坂道でペットが車内で転倒しては大変です。
また、運転者以外の人が抱っこするというケースもありますが、長時間はあまりに窮屈です。もし、長距離の移動になる場合は、こまめに休憩を取り、ドッグランを設けているサービスエリアなどを利用してストレスを発散させてあげてください。なお、車内ではクレートに入れるなどして安全な運搬を心がけましょう。

●公共交通機関を使って運ぶ
電車やバス、あるいは飛行機などの交通機関を利用すると移送費用が安く済む傾向にあります。自分で運転をしないので飼い主は気が楽かもしれません。ただし、公共交通機関ではペットは必ずクレートなどに入れておく必要があり、自動車と違って、都合の良いタイミングで休憩が取れません。そのため、ストレスで吠えてしまったり、乗り物酔いした時に対処しにくかったり、排泄がうまく行かなかったり、いろいろとペットに窮屈な思いをさせてしまいます。
また、新幹線や飛行機などを利用する場合は、条件によっては持ち込み不可の場合もあるので、遠距離の引越しの場合は事前に調べておきましょう。

●業者に依頼する
ペットと一緒に移動できない場合には業者に依頼するのが良いでしょう。引越し業者によってはペット輸送サービスがオプションでつけられる場合や、ペット専門の輸送業者もあります。
こうした業者のほとんどがほぼ日本全国どのエリアでも対応してくれます。ペットにはその間ストレスをかけてしまいますが、引越し当日はとにかく忙しくなるので、プロに依頼する方がトラブルになりにくいと言えます。

引越し後、新居にペットを慣れさせる方法

引越し後、ペットが新しい環境に慣れず、体調を崩してしまうということがあります。できるだけストレスをかけずに新居に慣れさせるにはどうしたらいいのでしょうか?

●新居内を一緒にうろうろしてみる
初日は新居ツアーを犬や猫としてみると良いでしょう。ペットたちも慣れ親しんでいた家具などを見ることで安心できるかもしれません。

●旧居で使っていたグッズを使う
引越しの際にペットの用具を新調する場合もあるでしょうが、できれば慣れるまではこれまで使っていた物をそのまま使うと良いでしょう。これまで使っていた物にはそのペットと飼い主の匂いなども残っているので安心できるようです。

●ペットとの時間を多くとる
引越し後は荷物の開梱や片付けが大変ということもあってペットをホテルに預けたり、ケージに入れたままにしたりしてしまう人もいます。新居で飼い主との触れ合いの時間を取ってあげると、ペットはその新居が新しい住処であることを認識しやすくなるでしょう。

●習慣を変えない
引っ越したことで周辺環境も変わり、これまでの習慣を続けられない場合があるかもしれません。そんな時は、食事や散歩の時間を同じにする、外出時の服装を以前と同じにするなど、これまでの習慣をなるべく変えないようにしてあげてください。そうすれば、ペットも新しい環境に順応しやすくなるでしょう。

ペットとの引越しは事前準備と「慣れ」が鍵

いかがでしたか?
急な環境の変化は人間でもストレスを感じますから、ペットはなおさらです。

ペットとの引越しは、輸送のための事前準備とトレーニングが鍵になります。もしも、ペットがストレスを抱えたまま入居してしまうと再度トイレトレーニングが必要になったり、うまく順応できず体調を崩してしまったりするため、引越しの準備段階からなるべくペットが不安にならないような行動を心がけましょう。

今すぐお見積りをしたい方へ
お見積り依頼フォーム

2013年7月

翌月以降のカレンダーはこちら

引っ越しお得日カレンダー
10%off 20%off 30%off

0003の[アーク引越センター]

  • 私たちのサービス
  • 引越しプラン
  • オプションサービス
  • 引越しの流れ
  • 引越しQ&A
  • お客様の声
  • 引越しお役立ちガイド
  • 引越しお見積りはこちら
    お電話でのお見積り
    お引越し受付フリーダイヤル 0120-07-0003 営業時間:8:00~20:30
    メールでのお見積り
    お見積り依頼フォーム
  • お電話 営業時間:8:00 ~ 20:30
  • お問い合わせ