ペットやピアノ、自家用車まで。特殊なものを運ぶ引越しってどうすればいいの?引越しなら0003の[アーク引越センター]ちゃんとしたお引っ越し

特殊なものを運ぶ引越しってどうすればいいの? ペットやピアノ、自家用車まで。
特殊なものを運ぶ引越しってどうすればいいの?

部屋の画像

通常の引っ越しとは違い、ペットやピアノ、自家用車の引っ越しには専門的な技術やスタッフが必要です。今回はそんな特殊なものを運ぶ引っ越しの方法について紹介します。

テープ 部屋の画像

安心できるペットのお引越し

通帳と電卓の画像

家族の一員でもあるペットの引っ越しにはいろいろと心配がつきものですよね。原則として、引越し業者がペットを運送用のトラックに乗せることはできません。
ペットへの危険を回避するためということもありますが、飼い主の方がやはり心配だろうと思います。そのため公共交通機関や自家用車を利用して、飼い主と一緒に引っ越すというのが一般的です。
しかし、大型犬や特殊なペットを飼っている場合には公共交通機関を使えない場合もあります。そんな時はペット専門の運送業者に頼むことになります。
アーク引越センターは専門のオプションサービスがあります。
http://www.0003.co.jp/option/

テープ 通帳と電卓の画像

引越当日、ペットの居場所はどうする?
引越当日は、飼い主さんも忙しく、そうじや片付けなどさまざまな作業があるため、なかなかペットを見ているわけにもいかないですよね。
特に室内で飼っている犬や猫の場合は、引っ越し作業員など見慣れぬ人たちが室内を動き回るのでストレスに感じる場合も多いようです。そのため、引越し当日はペットホテルや友人・家族に預けるのがベターです。

万全を期したいピアノのお引越し

通帳と電卓の画像

ピアノはその重厚な見た目とは異なり、とてもデリケートな楽器の一つです。少しの振動や移動でも調律がおかしくなることもあります。また、高価な楽器でもあるので、引っ越しの際は細心の注意を払って運んでもらいたいものです。そのため、引越し業者のオプションサービスを使って、専門スタッフによる引っ越しが必須となるでしょう。

テープ 通帳と電卓の画像

引越し前に確認すべきこと
グランドピアノなどの大きなサイズのピアノを運ぶには、搬入口や搬入経路のサイズを事前に測っておくことが重要となります。一軒家でも2階に運ぶにはクレーンによる搬入が必要となるので、窓の大きさなどについても確認しておきましょう。搬入の仕方によって料金は変わってくるので見積もりをとるまでに搬入経路のサイズなどについて確認しておくことをオススメします。
また、引っ越し作業中に傷がついてしまっていないか確認できるよう、前日までに全体の写真を撮影しておくと良いでしょう。

引越当日での注意点
ピアノは非常に重量もあるため、自力で動かすのは至難の業。そのため、引越し当日までに確実に置き場所を決めておくことが重要です。また、すぐ使用するためには調律が必要となりますが、アーク引越しセンターではピアノ専門スタッフによるオプションもあります。調律も含むサービスなので、問い合わせてみましょう。
http://www.0003.co.jp/option/

車、バイクの引越し

自家用車やバイクをお持ちの方は、引っ越し当日、自家用車に乗って新居に向かう人も多いことでしょう。ただし、長距離の引越しの場合は引越し業者の専門オプションを利用すると便利です。

テープ

自家用車の引っ越し
自動車は家の荷物と一緒にトラックに乗せることができないため、別々の配送方法となります。また、輸入車やキャンピングカーなど特殊な自動車の場合は料金が別になる場合もあるので見積もり時には注意したいところです。
アーク引越センターでは、自動車の陸送を行っているので、長距離引っ越しの方はお問い合わせください。

バイクの引っ越し
バイクも自動車と同様、大きな引っ越し荷物となります。ただし、車とは異なり、トラックに乗れば、家の荷物といっしょに運ぶことが可能です。その際には、引火などの危険性を排除するためガソリンを空にする必要があります。ガソリンは灯油の時と同様に手動のポンプでポリタンクに移すか、ガソリンスタンド引き取ってもらうと良いでしょう。
アーク引越センターの場合、50ccまでなら引っ越しプラン内の料金で運搬が可能となっています。
http://www.0003.co.jp/option/

お仏壇の引っ越し

世代を越えて受け継がれてきたお仏壇も貴重な引越荷物の一つですよね。細やかな細工が施されたお仏壇は、丁寧な梱包と運搬が必要となるほか、宗教によって儀式もあるので、専門業者にお願いするのが一般的です。

テープ

お仏壇のお引っ越しにおける基本的な作法
お仏壇の引っ越しには、宗教によっても異なりますが、以下のような儀式・作法があるとされています。

・最後に家(旧居)を出て、最初に家(新居)に入れる
・仏間や家から出す際には、位牌とご本尊の魂を抜く「精抜き」を行う
・新たな仏間や家に安置する際には再び魂を入れる「精入れ」を行う

また、神棚の引っ越しには別の作法もあります。まず、中に収められているお神札を取り出して白い紙や布に包み、それを、引越し前日か荷物搬入の前に改めて中に収めます。お神札を抜く際は、息がかからないように注意します。

荷造りでの注意点
お仏壇を自分で包装する場合には、仏具や装飾品はなるべく外さないようにします。また、細かな仏具は、お仏壇と同じダンボールに入れるようにしましょう。

アーク引越センターにはお仏壇のプロが解体から梱包、組み立て、設置まで行なうオプションサービスがあります。お仏壇のクリーニングも相談できるので、引っ越しを機にお仏壇をキレイにするのも良いですね。
http://www.0003.co.jp/option/

まとめ

ペットやピアノ、車やバイク、お仏壇といった特殊なものは、専門業者や引越し業者のオプションに申し込むのが得策だということが分かっていただけたかと思います。大切なものばかりだと思いますので、一度相談してみましょう。

今すぐお見積りをしたい方へ
お見積り依頼フォーム

2013年7月

翌月以降のカレンダーはこちら

引っ越しお得日カレンダー
10%off 20%off 30%off

0003の[アーク引越センター]

  • 私たちのサービス
  • 引越しプラン
  • オプションサービス
  • 引越しの流れ
  • 引越しQ&A
  • お客様の声
  • 引越しお役立ちガイド
  • 引越しお見積りはこちら
    お電話でのお見積り
    お引越し受付フリーダイヤル 0120-07-0003 営業時間:8:00~22:00
    メールでのお見積り
    お見積り依頼フォーム
  • お電話 営業時間:8:00 ~ 22:00
  • お問い合わせ