荷造りをできるところから始める。引越しなら0003の[アーク引越センター]ちゃんとしたお引っ越し

荷造りをできるところから始める

引っ越し業者や日程が決まったら、手を付けられるところから荷造りを始めましょう。荷物は、自分が思っている以上にたくさんあるもの。引っ越し当日まで荷造りをしてしまうと作業が滞ってしまいますので、時間があるときに少しずつでも、余裕を持って始めることがポイントです。

ダンボールは早めに手配する

多くの引っ越し業者では、ダンボールを無料で提供しています。荷造りにはダンボールが不可欠なので、早めにダンボールの手配をしておけば、スムーズに作業を進めることができます。なお、アーク引越センターでは、ダンボールを最大50箱、ハンガーボックスを最大4個までご提供しています。

使わないものから箱詰めする

まずは、使わないものから箱詰めを始めましょう。たとえば、季節外れの衣類や本・CD、思い出の品、あまり使わない食器類などです。また、玄関付近の部屋から箱詰めを始めてしまうと引っ越しまでの生活の邪魔になることもあるので、玄関からいちばん遠い部屋や押入れの荷物から始めるのが理想的です。

必要なものと不用品を分ける

必要なものと不用品を分ける

引越は、不用品を処分するいい機会でもあります。不用品の処分は、荷物を整理できるだけでなく、引越作業を軽減させることもできるので一石二鳥。特に衣類や本、CDなどは「もったいないから」としまいこんでしまいがちですが、箱詰めを始める前に「不用品はないか」「本当に必要なのか」などを検討するとよいでしょう。
アーク引越センターでは、本・CD・DVD・ブランド服などの宅配買取サービスもご用意できますので、お気軽にお問い合わせください。
「引越前後に利用したいサービス」不用品の買取
「「荷造り&お掃除のコツ」

今すぐお見積りをしたい方へ
お見積り依頼フォーム

2013年7月

翌月以降のカレンダーはこちら

引っ越しお得日カレンダー
10%off 20%off 30%off

0003の[アーク引越センター]