お部屋をチェックする際に重要なこと。引越しなら0003の[アーク引越センター]ちゃんとしたお引っ越し

お部屋をチェックする際に重要なこと

部屋の内見はワクワクドキドキするもの。しかし、絶対に見落としてはならないポイントがいくつかあります。ちなみにですが、なかには間取り図などだけで契約される方もいるようです。よっぽど時間がないなどの事情があれば仕方がない場合もありますが、不動産会社もトラブルの原因となるので避けたいと思っているはずです。ですから、必ず内見は行うようにしましょう。
不動産会社で内見を希望した場合、間取りの図のコピーがもらえるはずです。その図面に下記のことをチェックしておくと便利です。また、内見の際に持っていくと便利なものとしては、間取り図のコピー、筆記用具、デジタルカメラ(携帯電話でも可)、方位磁石などが挙げられます。

駅から物件までの距離

駅から物件までの距離

不動産会社の間取り図でよく見られる駅から徒歩○分は、おおよそ80m=1分で計算されています。もちろん、これはあくまでも概算。信号待ちの時間や坂、歩道橋の有無などは含まれていません。また、歩く速度は人によって違いますので、自分の足で確かめてみてください。さらに、駅までバスを利用する物件の場合は、バスの時刻表をチェックしておくといいでしょう。通勤や通学に不便ではないか、チェックが必要です。

寸法を測る

図面には細かい幅などが記載されていない場合がほとんどです。ですから、メジャーなどを用いて、部屋の縦横の幅を計るようにしましょう。引越し後に置く電化製品や家具類、カーテンなどのレイアウトのことや、引っ越し時の搬入に必ず必要になります。もちろん、玄関や扉のサイズ幅も忘れないように測っておくようにします。ソファなどの大きなものの搬入時に入らないといったことも起こる可能性があるためです。面倒ですが洗濯機置き場も計っておくことをおすすめします。

写真を撮る

写真を撮る

携帯電話やデジカメなどで写真を撮っておくと便利です。特に1日に複数の物件を見た際などは、細部までは忘れがちになるもの。写真と図面を照らし合わせて、吟味するようにしましょう。

マンション前の道路幅

引越しの際、荷物を積んだトラックが停車して作業できる道幅があるかどうかを確認しておきましょう(引越し業者にも必ず聞かれると思われます)。こちらも携帯電話などで写真に撮っておくと、業者の方への説明もしやすいでしょう。

その他

快適な新生活

その他にも、より快適な新生活を迎えるべく、細かい箇所まで時間の許す限りチェックしたいものです。

  • 照明器具の有無
  • コンセントの数と位置
  • テレビアンテナの場所と端子
  • 電話のモジュラージャックの位置
  • エアコンの有無と設置場所
  • ガス栓の位置
  • ガスコンロ(都市ガス・LPガス)の種類
  • 防音
  • 窓を閉めた状態での外の車の音など
  • 日当たり
  • 収納の有無や広さ
  • 駐輪場の有無や広さ
  • 洗濯機置き場の場所と大きさ
  • エレベーターの有無
  • バルコニーの広さと通りからの見え方
  • 壁の穴やフローリングのへこみなどの傷

もちろん、上記すべてをチェックし、すべてが自分の希望にかなった物件があるに越したことはありません。しかし、そんな夢のような物件はなかなか見当たらないのも事実です。そんな際は、あらかじめ用意した絶対に外せない希望の項目を重要な順から羅列し、ひとつひとつチェックしていきましょう。そうすれば「駅からは多少遠いが、間取りが気に入った」「新築希望だったが、築年数が古くてもセキュリティはきちんとしている」など、妥協点が出てくるもの。限られた時間内で行わなければならない物件選びと引越し。自分の希望にできるだけ近い物件を探すことを、心がけてみましょう。

今すぐお見積りをしたい方へ
お見積り依頼フォーム

2013年7月

翌月以降のカレンダーはこちら

引っ越しお得日カレンダー
10%off 20%off 30%off

0003の[アーク引越センター]