石油ストーブの灯油抜き。引越しなら0003の[アーク引越センター]ちゃんとしたお引っ越し

石油ストーブの灯油抜き

冬場の引越しの場合、灯油やストーブの処理は重要なポイントになります。灯油は危険物となるため、灯油が入ったままのポリタンクやストーブは業者に運んでもらえないことがあります。また、きちんと処理をしておかないと他の荷物が灯油で汚れたり、匂いが移ってしまったりするので丁寧な処理が必要です。

灯油抜きの仕方

ストーブやヒーターに残った灯油は、抜いてしまうか使い切ってください。その後、製品の取扱説明書を確認しながら空焚きをして、完全に灯油を抜きましょう。灯油タンクの給油口と、ストーブやヒーター側の給油口を拭いておくとより安心です。

ポリタンクに残った灯油の処理

ポリタンクに灯油が残っている時はストーブなどで使い切ってしまうのが理想ですが、それが難しい場合はガソリンスタンドに処理をお願いすることもできます。ただ、処理の受付けをしているかは店舗によって異なりますので、事前に確認しておきましょう。また、処分をするのがもったいないということであれば、ご近所の方にタンクごと譲ってしまうという方法もあります。

今すぐお見積りをしたい方へ
お見積り依頼フォーム

2013年7月

翌月以降のカレンダーはこちら

引っ越しお得日カレンダー
10%off 20%off 30%off

0003の[アーク引越センター]