宮城県のご当地情報&優遇・支援制度。引越しなら0003の[アーク引越センター]ちゃんとしたお引っ越し

宮城の基本情報

宮城県は江戸時代から東北地方の中心的な役割を果たす県で、その面積は7,285k㎡、人口は232万人となっています。県庁所在地は緑が多く、「杜の都」の愛称で全国的にも有名な仙台市(約105万人)です。「県の花」はミヤギノハギ、「県の鳥」はガンです。宮城県や仙台市が東北の中心とされるのは、戦国時代の名将・伊達政宗によって築かれた仙台藩の繁栄に由来しています。県内総生産は約9兆円という巨大な規模で、世界に200以上ある国々と比べてみると、60位くらいに位置するといわれています。

東北地方に位置しますが、県西部の一部地域を除いて、冬の降雪量はそれほど多くありませんし、夏も比較的涼しく、概ね過ごしやすい気候となっています。ただし、仙台市の青葉区の一部は例外で、冬は寒く、雪がとくに多い豪雪地帯に指定されています。特産品といえば、おいしいお米です。「ササニシキ」や「ひとめぼれ」といったブランド米の生産地として知られています。お米のほかにも、仙台牛やイチゴ、梨といった特産品があります。また、仙台市は日本で初めて味噌の本格的な製造が行われた場所としても有名です。カキやホヤなどの魚介類も美味しく、ゆでた枝豆をすりつぶした「ずんだ」と呼ばれる餡を使ったずんだ餅も全国的に知られています。

石巻港、気仙沼港、女川港などの漁港は日本屈指の水揚げ高を誇り、松島湾では牡蠣の養殖が盛んです。引っ越した後には、かつお、いか、さんまなどの美味しい魚貝類を楽しめることでしょう。スポーツファンの方にとっても、宮城県は引っ越し先として理想的かもしれません。野球の楽天ゴールデンイーグルスや、サッカーのベガルタ仙台といったチームの応援で盛り上がれます。

観光資源も実に豊富であることが特長です。県庁所在地の仙台市は杜の都と呼ばれ、日本有数の城下町として知られています。仙台市には江戸時代に始まった七夕祭りが今にも伝わっており、今では日本一の七夕祭りとして全国からたくさんの観光客が訪れる東北の一大イベントとして成長しています。また、日本三景の一つに数えられる松島や、栗駒山の大湿原、蔵王の自然や温泉なども人気の観光スポットとなっています。宮城県では、レジャーで頭を悩ます心配はなさそうです。

ページTOPへ

宮城の優遇・支援制度

引っ越し後の生活に有利になる各種優遇・支援制度の一例として、山元町では平成25年3月末まで「山元町定住促進事業」を行っています。新婚世帯、子育て世帯の定住促進を目的とした制度で、山元町で住宅を取得する際に、最高100万円の補助を受けることができます。もちろん、他の街から転入をする方も対象になっています。山本町は角田市、白石市、岩沼氏、名取市にも近い町です。詳しくは山元町役場までお問い合わせください。

山元町のように定住促進に向けた補助を行っている市町村がいくつかあります。住宅取得のための補助だけでなく、農地を取得する際の補助が出るほか、引っ越し先での就職支援なども積極的に行われています。

県内では子育てについてもユニークな支援が行われており、15歳未満の子どもがいる家庭や、妊娠中の方がいる家庭に「みやぎっこ応援カード」を配布しています。このカードを使うことで、さまざまな商品、サービスの割引などを受けられます。県内の2,840の施設で利用できるので、子育て世帯が宮城県に引っ越しをする場合は、このカードを取得することをおすすめします。

引っ越しのお見積り・お申し込みはこちらから

お電話でのお見積り
お引っ越し受付フリーダイヤル 0120-07-0003 [営業時間]8:00~22:00
メールでのお見積り
お見積り依頼フォーム
今すぐお見積りをしたい方へ
お見積り依頼フォーム

2013年7月

翌月以降のカレンダーはこちら

引っ越しお得日カレンダー
10%off 20%off 30%off

0003の[アーク引越センター]